人気ブログランキング |
2010年 01月 06日 ( 1 )
七草粥
母が風邪をひいた
3日ほどベッドの上で読書と映画鑑賞に耽っている
じっとしている姿をあまり見た事がないので、いい骨休めにもなっているだろう。
日に1食は私が粥を作ってやるのだが、もともと粥の好きな母は喜んでいるようにも見える。
塩味のみのシンプルな粥に始まり、鶏ガラだし、鰹だし、昆布だし、合わせだし・・・。
具財も鶏肉に始まり貝柱、白身魚、ホウレンソウ・・・。
作る方もなんだか楽しんで作っている。

c0193532_1459136.jpg


で、あすの朝は七草粥
今年1年の無病息災を願いながら食すつもりだ。
どうせなら七草の由来を深く知りたくなって検索して見た。
検索結果は102000件!
かいつまんで読んでみたが、現在では本来の由来が特定できなくなっているようだ。

一説によると、七草粥を作る時には囃し歌を歌いながら菜を刻むのだそうだ。
歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」


古くから続くこの習慣ではあるが
邪気を払い万病を除く占いとして、また冬の時期の野菜不足を補うため、そしてお節料理に疲れた胃を休めるため・・・ 
諸説ある七草粥の由来はみな曖昧なものなのだそうだ。


しかし我が家では、こういった古くから続く日本の習慣を大切にしたいと考えている。
年末から美食が続いた体に七草粥は美味しい。
したがって、私は「無病息災を願いながら胃を休める行事」という事にして子供たちに伝えようと思う。

そして、4kg増を示す体重計を思い起こしては過去の経験を鑑み、決して間食はするまいと心に誓う・・・。


参考文献: Wikipedia AllAbout 他
by a6m2_jpn | 2010-01-06 15:40 | 暮らし