タグ:紅葉 ( 10 ) タグの人気記事
紅葉祭り 山中湖・Night in the park.
秋の山中湖は【紅葉祭り】
いつも散歩する夕焼けの渚公園の落葉広葉樹をライトアップしてくれる。
夜は子供たちとの時間が大切なので、なかなか足を運ぶ事ができなかったが
さっきちょっと行ってきた。

c0193532_22233020.jpg
Nikon D700/ AF NIKKOR 28mm1:2.8

日曜日とあって夜8:30を過ぎても人出は多く
あちこちでカップルや家族連れがシャッターを切っていた。
暑かった夏に加えて雨が多かった初秋
そのお蔭で濃く色づいた森は夜のライトアップに幻想的な佇まいを見せてくれる。

c0193532_22284176.jpg
Nikon D700/ AF NIKKOR 28mm1:2.8

紅葉のピークを過ぎた山中湖の森は急ぎ足で冬へと向かう…。

c0193532_2232495.jpg
Nikon D700/ AF NIKKOR 28mm1:2.8

この辺りの山では木の実が少ないようで、シカやサルを良く見かける。
動物たちには過酷な冬になりそうだ…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-11-14 22:37 | 富士山の森
富士山 秋の彩 sanpo
スッキリとした秋晴れ と言う日がなかなか来ない。
麓の紅葉は今まさに盛りを迎えようとしているのに…。

c0193532_15255368.jpg


秋を彩る広葉樹に加えてススキやカヤ、そしてアシの穂が秋風に揺れる様も秋の深まりを感じさせる。

c0193532_15273296.jpg


秋が燃え尽きるとすぐに冬がやってくる。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-11-02 15:29 | Mt,Fuji
富士山麓が錦に染まる
山中湖は例年より1週間ほど遅れて紅葉が始まった。
色づきが心配されていたが、何の事は無い。
赤や黄色の色が例年より濃く、とても鮮やかな秋だ。

c0193532_1325244.jpg


ニシキギは一際鮮やかな赤い実を吊り下げる。
枝にコルク状の羽がついていたりして、観賞用に珍重される。
この実を鳥が食べ、あちこちに糞としてばらまくのであちこちで見る事ができる。


c0193532_13311474.jpg



ヤマブドウは黄色く色付いた葉と青く熟した実がとても美しく可愛らしい。
蔓性の植物で道端の日当りの良い場所で当たり前のように見る事ができる。


これから2週間ほどだろうか、富士山の里山は錦に輝く。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-10-27 13:38 | 富士山麓・山中湖の散歩道
群馬県 南牧村の紅葉
色づく秋!きれいな紅葉、撮ってみた!


今月始めに群馬県は南牧村を訪れた。
毎年恒例、築100年を越す古民家を現代風にアレンジして家族で住む友人宅の訪問だ。
木工職人である友人とは数年のブランクはあるものの24年の付き合い。
妙な気遣いなど要らない旧友だ。

今年は超多忙であったため1泊の短い滞在ではあったが、南牧村の深い所まで見る事ができた。
『紅 葉』 は筆舌に尽くしがたい美しさで私たちを迎えてくれた。


c0193532_1151205.jpg
友人宅のある南牧村磐戸地区。
数年前の台風による災害で大打撃を被り、悲しく無惨な姿を晒していた南牧川も、時の流れと共に美しい姿を取り戻しつつある。


c0193532_11573295.jpg
『閑けさや岩に染み入る蝉の声』 松尾芭蕉のあまりにも有名な句はここで読まれた。
南牧川上流にある蝉の渓谷(蝉の淵)
岩盤を激しい清流が削り見事な渓谷を造りだしている。


c0193532_121127.jpg
南牧川沿いにはいくつかの集落が点在している。
どの建物も建てられた時期は古く、家の側壁を風雨から守る「しぶき」と呼ばれる壁と2階建てでベランダのようなものがあるのが特徴だ。
過疎化が進み、日本一の高齢村として様々な問題を抱える同村ではあるが、こういった日本の原風景とも呼べる集落は見る者の心を暖めてくれる。


c0193532_1241619.jpg
さらに南牧川をさかのぼると『線が滝』へ辿りつく。
林道脇を覗き込むようにしないと見る事が出来ない滝。
悲しい伝説も残っているが、深い山の中ポッカりと開いた穴のような滝壺へ降りるとマイナスイオンが『充満』していてとても気持ちが良い。


c0193532_129168.jpg
幾重にも重なるカーブを、身をよじるように登っていく友人の愛車。
観光地ではないのですれ違う車はほとんどない。赤や黄色や空の青に彩られた林道のドライブは、夢の世界を舞い踊っているかのようだった。
峠を越えて長野県佐久市へ入ると、ほどなくして雨川ダムへ出る。
この光景に説明書きなどいらない…。


もっともっとご紹介したい画像があるが、投稿制限があるので今回はここまで。

毎年訪れている南牧村だが、こうやってじっくりと村内を見て廻ったのははじめての事だった。
狭い日本なのにちょっと離れると私の住む山梨県とはまったく違う風景がある。
そして日本の山々の美しさもまた様々だ。
こういった大自然を次世代に残すのは誰の仕事でもなく、我々の仕事だ…。


最後に、毎年お世話になっている南牧村 木工房 かたじやの棟梁とご家族に感謝、ありがとう。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-11-11 12:25 | 旅先で
山中湖・紅葉祭り
ここ数年、様々なメディアへの露出度が高まったためか、年々来場者数が増えている。
山中湖畔 旭日丘 夕焼けの渚公園 の紅葉祭り
期間中、もっとも賑わうのは紅葉した木々のライトアップだ。

c0193532_2258110.jpg
屋台の出ている会場から順路を辿ると、まずは大きな木々がトンネルのようになった場所へ出る。
見るものが口々に歓声を上げ、その美しさに圧倒されている
この公園の森は原生林
紅葉を楽しむために植えられた木々ではない
しかし、最近になってこの祭りを盛り上げようとする組織によって『善意』の植樹がなされ、ちょっと残念に思う。
自然のままの姿だから価値があるのに…。 

c0193532_2323874.jpg
1km弱の遊歩道を歩くと、漆黒の闇に浮かび上がる錦絵の中に入り込んだような錯覚に陥る


c0193532_23441100.jpg
この週末は大変な人出。これでも15分くらい待って人通りの少ない瞬間を狙った。


c0193532_2362415.jpg
あまりの美しさに、思い思いの構図でカメラを構える人が無数に居る。

c0193532_231985.jpg
ライトアップのエンディングは幻想が極まる。
照明家の創作展示という事で、天界と下界の境目を表現しているそうだ。
とても美しく、私は作者の意図に共感できた。


当ブログでも何度もご紹介しているが、今年の紅葉は例年になく美しい。
そして、ごらん頂いた通り、夜のライトアップも素敵に演出されている。
この秋の富士山麓は極上の景色が楽しめる。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-31 23:23 | 富士山
紅と黄色の森
いつもの散歩道 夕焼けの渚公園
今夜から紅葉祭りが始まった
夕方4:30~夜9:00まで、見事に紅葉した森がライトアップされる

c0193532_22594834.jpg
昼間はこの絶景
ライトアップされた森はとても神秘的だ

c0193532_2311156.jpg
今年は本当に良い色に染まっている

c0193532_23275.jpg
もったいつけるわけじゃあないが、ライトアップされた森を撮る時間がなく・・・。

c0193532_233399.jpg
幻想的な森の画像は明日以降に持ち越し・・・。

しかし、今年の秋は例年に無く美しい富士山麓だ…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-30 23:04 | 富士山の森
秋の空、気持ちの良い山中湖
少しだけ雨脚が強かった
でも、空模様は台風一過の晴天
なんか良いとこ取りって感じだ

c0193532_1424149.jpg
朝起きて富士山を見ると五合目の少し上まで雪化粧していた
麓から見ても木々の色付きがよくわかる。

c0193532_14252572.jpg
湖畔を彩る広葉樹の森は正に錦絵のようだ。

c0193532_14263724.jpg
台風のつれてきた暖かい風に、白鳥たちがのんびり日向ぼっこ


テレビのニュースでは芸能人の薬物裁判の事ばかりで、新首相の所信演説は二の次になっている。
『こんなんでいいのかなあ・・・?』
思わず呟いてしまうのは私だけだろうか?

わが国は政権が変わり、今後の日本国がどうなって行くのか?
少しは民主主義に近付くのではと期待していた新政権下の日本。
今の政権になって、ますます民主主義が遠のいたように感じるのは私だけだろうか?

かつて『野次将軍』と言われた小泉元総理のご子息が自民党古参議員達の鳩山首相に対する野次に苦言を呈した。
進次郎氏のコメント
『今の自民党がやらなくてはいけないことは民主党を批判することではなくて、民主党を検証すること。そのための臨時国会だと思います』
これを読んで、はなはだ共感しているのは私だけだろうか?


と、世の中の風潮に少しだけ違和感や好感を感じ、なんとなく複雑な心境ではあるが
1ヶ月ほど取り組んでいる『美味しいCurry』作りに大いなる進展があった事と
先程届いた『Windows7』のDVD-Rのインストールの事が
その違和感に勝る秋の午後だ。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-27 14:56 | 富士山の森
そろそろ紅葉がピーク
富士五湖の中で一番高い所にある山中湖
湖面の標高は約1000m
一番早く紅葉が始まる。

日に日に色が濃くなる落葉広葉樹の森は
ゆっくり歩いて見るのが一番
今週末から11月初旬が見ごろだろうと思う

c0193532_032079.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-24 00:33 | 富士山

赤や金色の葉が窓の外をくるくる回りながら落ちている
春の日の若葉の輝きにわくわくした事を思い出す

c0193532_21582647.jpg




秋の日差しはどこまでも優しく
夏の日差しをいっぱいに浴びてきた森や野を包む

c0193532_2211373.jpg



風の中に居た虫たちも、昨日の日差しを探し求め飛び去り
やがてユキバンバが冬の訪れを知らせる
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-12 22:05 | 富士山の森
森に溶け込む淡い紅色
小さい秋、見~つけた!

数日前から下の子(9ヶ月)に熱がある
幸いインフルエンザではないのだが、時間帯によっては38℃前後にまで熱が上がる
子供の病気はいつも突然
しかし私たち夫婦も、長男が乳幼児だった頃に比べると、かなり落ち着いた対処ができるようになったいた。
初めて長男が高熱を出し、大騒ぎして夜中の救急外来へ駆け込んだ時の事…。今となっては二人の笑い話だ。
今夜一晩、水枕の番を乗り切れば明日にはまたヤンチャな次男が戻ってくるだろう


というわけで、朝から晴れた富士山麓
我が家の休日はゆっくりと時間が流れている
久しぶりに敷地内を一回りしてみたら、かなり秋を感じる事ができた



c0193532_1546734.jpg

真っ赤に染まるモミジやカエデなど紅葉の王道は完璧な美しさがあり、全くフォトジェニックだと思う。
上の画像はヤマグルマの紅葉。
山の中では主役の影であまり目立たない存在だがとても美しい。
玄関のシンボルツリーとしてもう15年程私たちの目を楽しませてくれている。
しかしこの木、実は常緑樹だ。
この時期になると、古くなった葉だけが紅葉して落ちる。
寒さが厳しい時には葉を丸めて耐える。
淡い紅色がなんとも美しく、毎年楽しみにしている。


c0193532_15523568.jpg

ヤマブドウやアケビ・ツタウルシなどのツル性植物は色づくのが早い。
午後の日差しを透過してとても輝いて見えた。

富士山麓の秋は日に日に深まって行く。


そんな秋にぴったりの曲「Classical Gas」
中学生の時にベンチャーズが演奏するコノ曲を聴いたとき、背筋にゾゾゾっと来た。
Mason Williamsを始めEric Clapton Tommy Emanuel など超一流のギタリスト達が好んで演奏している。
ココでは正調と変奏の2バージョンをご紹介したいと思う。

YouTubeで音質とテクニック重視で探した結果、正調ではこれかな?



そして、現在活躍中のギタリスト、Ralph Towner Eric Johnsonと並んで大好きなTommy Emanuel のバージョン。
かなりドライブ感のある曲になっている。

ギタリストのImprovisationを聴いていると、たいていほんの数曲で飽きるのだが、この人のライブは別モノ。
超絶テクに加えてオーディエンスを楽しませようとするエンターテイメント性が溢れていて、いつまでも聴いていたくなる。

ついでと言っては何だが
秋にぴったりのギターソロをもう一曲
ECMのアコースティックJazzギタープレーヤー Ralph Towner の名曲を

[PR]
by a6m2_jpn | 2009-10-04 16:03 | 富士山の森