タグ:森の風景 ( 11 ) タグの人気記事
春の花々
富士山の里山に咲く花々を撮って参りました。

c0193532_2136481.jpg

c0193532_21393081.jpg

c0193532_21395481.jpg


c0193532_21403320.jpg

c0193532_21405319.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2012-05-07 21:41 | 富士山の森
富士山麓・里山の春
c0193532_18203849.jpg


富士山麓にも本格的な春がやってきた
夕暮れの日差しに輝く桜がとても綺麗だった

More
[PR]
by a6m2_jpn | 2011-04-26 18:23 | 富士山麓の暮らし
富士山 晩夏の夕暮れ 風に吹かれて…
お盆の繁忙期も どうやら過ぎ去ったようだ。
今週末をもって山中湖の短い夏も終わる。

夕方、所用で出かけた帰り道
花の都公園を通りかかると富士山が語りかけてきた。
「今年の夏は暑かったねぇ」

c0193532_1973056.jpg


そよぐ風から夏の香りは消えていた…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-08-25 19:09 | Mt,Fuji
富士山 ・ 梅雨のあいまに
天気予報は今日もまんまとハズレ
透明な空気に日差しが降り注ぐ、気持ちの良い朝だった。

c0193532_1394412.jpg


未明まで降っていた雨が木々の葉に残り
梅雨の中休みを演出していた



c0193532_13105364.jpg

保育園へ行く息子と一緒に家内の車へ乗り込み
湖畔で落としてもらう
春先に降った大雪の影響で、今年は残雪が多く残っているようだ。
朝の湖を歩くと、最高に気持ちがいい。

久しぶりに富士山に会えた。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-06-28 13:15 | Mt,Fuji
朝の優しい光 富士山の森で
c0193532_13495252.jpg
NikonD700 / TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical IF MACRO

雨上がりの朝、優しい日差しが岩にしがみつくコケを美しく照らしていた。
地面にはもう冬の色はない。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-04-08 13:56 | 富士山の森
春の雨
閉じたブラインド越しの朝の光は柔らかく雨の降る音が聞こえた
予報では雪マークだったが雪は降らなかったようだ
しかし今年2回目の雨氷が日射しのない森をクリスタルのように輝かせていた


c0193532_135998.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 50mm1:1.4




この雨氷と言う現象は本当に美しく
1シーズンに2回も見れた事にすこし驚いている



c0193532_136293.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 50mm1:1.4




雨の朝はすこし憂いを感じる
淡い光を集める凍った枝に夢の中へ引きずり戻されるような感覚を覚える




c0193532_13111027.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 50mm1:1.4




しかし幻想的な世界もほんの束の間
ふりしきる雨が氷を溶かし、徐々に現実の世界へと変わって行った
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-03-25 13:15 | 富士山の森
富士山麓は雪
昨日降った雪
3センチほどしか積もらなかったが、溶けない
現在午前1:00を回った所で、外は-13℃と少し冷え込んでいる
20年前なら-20℃前後まで下がった気温も、最近では-13~15℃。
過ごしやすくなったものだ。 (笑)

c0193532_19464.jpg

普通なら木の幹に着雪しても日中太陽が当たれば落ちるのだが
今日は最高気温が-4℃。
湿った雪が凍りつき、落ちない

しかし、明日以降は最高気温が+13℃まで上がる予報に少し驚いている。
なんと30℃近い温度差っ!
いったいなんなんだ、この気温の乱高下は・・・。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-01-14 01:14 | 富士山麓の暮らし
1月3日の朝
例年通りの寒い朝
庭のダケカンバの枝にエナガの小さな群れが羽を休めていた
本当はその枝の向こうに見える富士山を撮ろうとしていたのだが・・・。
スズメよりも小さなエナガの愛くるしさは目覚めに持ってこい
そして、葉の蕾をたくさんつけたダケカンバ
遠い春を思い、硬く閉じて寒さに耐えているんだな。
我々も景気回復までじっと我慢しなきゃね。

c0193532_052051.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2010-01-04 00:05 | 野鳥 富士山の野鳥
秋の終りの散歩道 ヒメノキシノブ
c0193532_2157204.jpg



山中湖の秋も終わろうとしている
午後、少しだけ時間が空いたので家の周りを歩いてみると
ヒメノキシノブの種子が、柔らかい日差しに透けて見えていた
見るたびに「キヌサヤみたいで美味そう・・・」って思うが、まだ食べてみる勇気はない。

調べてみると古くから生薬として用いられてきた植物らしい。
陰干しした物を煎じて飲むと、利尿剤としての働きがあり、
干したものを細かく刻み同量のごま油に1~2ヶ月漬け込むと、でき物や腫れ物に良いと書かれていた。

ムーミンに出てくるニョロニョロに似ている…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-11-16 22:12 | 富士山麓・山中湖の散歩道
【頑張った木】 冬の富士山麓、散歩道で

TVではニュースキャスターが暗い事件をさらに大袈裟に伝え、我が国の首相の揚げ足を取る・・・。
漢字の読み方くらい誰だって間違えるんだからさ、こういう時こそマスコミも与党も野党も一致団結して効き目バッチリのカンフル剤をぶち込んでもらいたい。
政権の取り合いなんて後にしてほしい。

なんとなく冴えない気分で昼休みの散歩に出た。
ポケットのiPodからはWunderlichのSchumann。 冬の散歩にはドイツリートがいい。

『夕焼けの渚公園』までの冬の散歩道は、今日みたいに曇ってると色が少なくて寒々しい。
先日舞込んだ従兄弟懐妊の知らせなどを思いながら暗い気分を吹き飛ばした。

c0193532_183118100.jpg


私の家の庭にある『家族の木』は2本で力を合わせて頑張ってるんだけど、1本で頑張る奴らも少なくない。大自然の中で生き抜いていくってのは、やっぱり並大抵の事じゃないんだな。
いつも何となく見過ごしている『頑張った木』を意識して歩く事にした。

風が強い日に肌で感じるのだが、森の中はそんなに風が吹き抜けない。
『森のキャノピー構造』と言って、風が木々の上を吹き抜けるように高さを揃えてる。
道路際なんか風が入ってこないように、中くらいの高さの木と低い木でフタをしてる。
木と木が申し合わせをしてるように思える。

そんな事もあって考えてみると、散歩道にある『頑張った木』は森の中からはみ出しちゃって、事のほか頑張る事を強いられた木だって事に気付く。 『風と雪』おそらくこの2つが大敵なんだな・・・。

そこで散歩道に立ってる『頑張った木・ベスト3』

先ずは第3位 『マッスル・アカマツ君』 
c0193532_18315326.jpg


毎日毎日、相当な重さに耐えてるとあって、チカラコブのように幹を太くして頑張ってる。


第2位 『ど根性カラマツ君』
c0193532_1833327.jpg

これも凄い。お正月の出初で見る『はしご乗り』の鳶みたいに見える。

そして堂々の第1位は 『驚愕のフジブナ君』
c0193532_18335331.jpg

言葉を失う・・・。 なんという生き残りへの執着心。 脳裏をよぎるのは中国雑技団の人。

意識して見ないとなかなか発見できないが、けっこう頑張ってる奴らは居る。
『俺も頑張らなきゃな・・・』って思う。

夕方、近所のクニちゃんとダイヤモンド富士を撮りに行った。 曇り勝ちだったけどそこそこに綺麗だった。

c0193532_18554598.jpg

Nikon D80 / NIKKOR AF-S18mm-70mm 1:3.5-4.5G
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-02-12 18:59 | 富士山の森