カテゴリ:富士山 山中湖( 9 )
神々しさを友人と sanpo
東京から幼馴染が来てくれたので、山中湖畔で富士山のビューポイントで有名な三国山へ案内しました。
あいにく雲が多くて山は見えませんでしたが、神々しい光景を見る事ができました。

c0193532_8511471.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2012-06-04 08:51 | 富士山 山中湖
山中湖畔は子育てシーズン
湖畔を歩くと、あちこちでコブハクチョウが卵を温めています。
微笑ましくもあり、母の温かさも感じます。

c0193532_9564722.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2012-05-17 09:56 | 富士山 山中湖
山中湖のカバ  sanpo
『山中湖のカバ』
そういう名前の観光バスが就航した。
ただのバスじゃない。
水陸両用大型観光バスだ。

c0193532_2326321.jpg

形は船をちっちゃなタイヤに乗せただけという感じ。

c0193532_23265239.jpg

大きなスクリューが後部中央に。
こんなにトレッドが狭くてもさほどローリングはしない。

c0193532_23292656.jpg

なんとなくカバに似ている。

c0193532_23295265.jpg

スクリューのアップ。
構造上、あまり効率良く推進力を得られそうにないが、必要最低限のパワーは確保している。

c0193532_23304272.jpg

これがコクピット。
陸上走行用のハンドルをメインにしたインパネは普通に見られるバスと変わりないが
運転席左側にある操舵輪が水陸両用車両である事を物語っている。

c0193532_2332923.jpg

陸上走行中の車内。
夏はフルオープンになるのだろう。
開放感抜群の爽快キャビン。

c0193532_2333921.jpg

私が乗った次の便を浜から撮影。
今まさに水上へ乗り出す瞬間。
こうして見ると確かにカバだ。

c0193532_23341160.jpg

ウォータースライダーほどスピードは出ていないが、それなりにスリルは味わえる。

c0193532_23345882.jpg

完全に浮いてから航行用エンジンを始動

c0193532_2335445.jpg

ゆったりとしたスピードで湖上へ滑り出す。
[PR]
by a6m2_jpn | 2011-05-05 23:37 | 富士山 山中湖
山中湖 DIAMOND FUJI WEEKS・アイスキャンドルと花火
昨日『山中湖 DIAMOND FUJI WEEKS』のイベント『アイスキャンドル点火と花火』が行われた。

c0193532_23441069.jpg

先日来の『雨氷』によって会場である『山中湖・交流プラザきらら』内の木々が氷の世界を演出し、素晴らしい光景を造り出していた。

c0193532_2346760.jpg

会場ではアイスキャンドル2000個以上に火が灯され、スピリチュアルな雰囲気の中、大勢の観光客で賑わっていた。

c0193532_23481319.jpg

園内の至る所に灯されたキャンドルはすべてボランティアによって作られた物。
廃棄されたペットボトルやバケツなどを利用して、1週間かけて凍らせたのだそうだ。
‐7℃の気温も、そういった人達の心とキャンドルの灯りで暖かく感じた。

c0193532_23513688.jpg

ロウソクの灯りに照らされた『氷の木』は、いちだんと艶やかに見える。
こんな光景は何十年に1度しか見る事ができないだろう。
よく水をかけて凍らせたモニュメントがあるが、この『氷の木』は自然が造り出した物。
ただただ美しい…。

c0193532_17583460.jpg

残念ながら富士山は雲の中だったが、雲底はさほど低くはなく、低めに打ち上げられた花火は綺麗に開いてくれた。

この行事を境に、山中湖は春へ向かっていく。
[PR]
by a6m2_jpn | 2010-02-15 00:01 | 富士山 山中湖
湖畔にて 午後の光  

気温は低め、曇り時々晴れ
雨は降らなかったが何となく重い空の色だった
時折湖に射す光が綺麗だった
c0193532_2064373.jpg


富士山はなだらかな裾野だけ
山頂は厚い雲の中
これから富士山に会えない日が多くなる…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-04-23 20:17 | 富士山 山中湖
今日のフジザクラ
今朝は平年並みの気温
朝から日差しの眩しい富士山の森だったが、8時を過ぎた頃から霞がかってきた
富士山は残念ながら見えない

c0193532_11414363.jpg

昨日に引き続き中庭のフジザクラ
満開のフジザクラが朝の光を浴びる様はなんとも清々しい
この株で樹齢はおおよそ30年
ここに植えた時は私の背丈より低かったが、大事に育てていたらこんなに大きくなった
毎年ハチが営巣するので、その駆除がけっこう大変だ
気が付くと握りこぶしくらいの巣がある・・・


c0193532_11442640.jpg

いったい幾つの花が咲いているのか・・・
可憐な花は少しの風でもざわめく様に動くので、なかなかベストショットが撮れない

昨日遊びに来てくれたTravisWalkers ことDaiki 君
なんとも嬉しい手土産を持参してくれた
「のらさん!これ俺はもう使わないら、よかったら使ってよ」
Nikkor50mm f/1.4
最近NikonからLeicaへ乗り換えたため不要になったとの事
上の2枚はさっそく明るい単焦点レンズを使って撮ってみた
便利なZoomレンズに慣れてしまっているので、単焦点レンズは正直面倒
でも、コイツが使いこなせてこそ良い写真が撮れるようになる
そう言い聞かせてしばらく使ってみる事にしよう

Nikon 50mm f/1.4
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-04-20 13:40 | 富士山 山中湖
富士山 の見える散歩道
昨日に比べるとやや低めの気温
それでも例年よりはかなり高めで、木々の花々や路傍の花々が咲き始めた
開花が半月から1ヶ月は早い

c0193532_1893858.jpg

フジザクラは今週末に見頃を迎えそうだ
毎年GWに『フジザクラ祭り』が行われるのだが…
主催者にはちょっと気の毒な感じだ



c0193532_18154327.jpg

今、満開なのはコブシの花
青空にひときわ白い沢山の花、今年は数が多い
桜よりも樹高が高く、森の中では圧倒的な存在感


c0193532_18381353.jpg

いっぽう、足元に目を落とすと
存在感こそ薄いが、たくさんのスミレが可憐に咲いている
本当に小さな花、意識しなければ見過ごす



c0193532_18395331.jpg

桜やコブシが春の主役なら、スミレは脇役
しかし、道端の植え込みの中でひっそりと咲くスミレには路傍の情がある
しゃがみ込んで見るのもイイ



森の中に食べ物が増え始めたので、今シーズンの野鳥のレストランは店仕舞い
ひと冬私達を楽しませてくれた餌場の掃除
秋が終わるまで、水場だけにする

餌場の掃除も春の恒例行事だ
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-04-16 18:46 | 富士山 山中湖
富士山 散歩道で 【コブハクチョウの卵その2】
昨日の雨も早朝にはやみ穏やかな春の一日だった
乾燥しきった森もまとまった雨で生気を取り戻し
新芽が一気に噴出してきた

c0193532_1832215.jpg

大型連休を前に、春先の桟橋で出番を待つアヒルのボート
暖かな春の日差しを楽しんでいるように見えた




c0193532_17331131.jpg

以前、カメラを持って出るのを忘れとても後悔した『コブハクチョウの卵』
今日は運よく撮影する事ができた
陸揚げされたボートの陰にアシを集めて造られた巣
父母の2羽が巣に居て、ちょっと怖かったが、恐る恐るそ~~~っと近づき激写!





c0193532_17334781.jpg

今年初めて20℃を超えた山中湖
温度調節のためか、少しお腹をずらしていた
卵がかえる日がとても楽しみだ






c0193532_1737118.jpg

買い物へ行く道すがら、春の富士山は笑っているように見えた






c0193532_17412417.jpg

保育園の帰り道
湖畔の桟橋でコイやカモ・ハクチョウに餌をやるのが息子の日課
今日もたくさん食べにきてくれた


のどかな富士山麓、1日の終わりに…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-04-15 17:50 | 富士山 山中湖
卵を抱くハクチョウ・山中湖、いつもの散歩道で
時期的には早いような気がするけど
ハクチョウが卵を抱いている
いつもの散歩道、折り返し地点の近くに営巣しているツガイだ

c0193532_21323828.jpg


数日前から巣を動かないで居たのだが
例年だと5月に入ってからの産卵なので『日向ぼっこしてるだけかな?』って思ってた
気になって夕方もう一度見に行ってみたら
卵があった
ちょい出だったのでカメラを持って出るのを忘れ、物凄く後悔した
なので卵の画像は後日…。

卵を抱いているハクチョウはとてもデリケート
うっかり近づくとド迫力の威嚇をしてくる。それでもまだ近くに居ると噛まれる。
お気をつけ頂きたい。




昼間、高枝切りハサミ『太丸くん』を借りに家内の実家へ
庭のクリスマスローズが綺麗に咲いていた。

c0193532_2139144.jpg


淡い色の花を撮っていると、その向こうのツツジの茂みの中で「ガサガサ・・・」何かが居る様子。
しばらく自分の気配を消してじっとしていると・・・

c0193532_213918100.jpg


正体はシロハラ
この鳥はなかなか度胸がすわっている
他の鳥達は人に気付くと素早くテイクオフ! 飛んで行ってしまうのだが
こいつは茂みの中でじ~っとして発見されないようにしている。
数メートルまで近づいてもじ~っとしている
まあ、それにも限度があり、接写しようとするとさすがに飛び去る。

色んな鳥が居るものだ…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-04-10 21:45 | 富士山 山中湖