カテゴリ:番外( 5 )
Facebookページ をご覧ください!
Facebookページを開設しています!
よろしかったらご覧ください。

c0193532_17371041.png


ページは コチラ
[PR]
by a6m2_jpn | 2012-02-22 17:38 | 番外
母の実家で大リフォームっ!
山梨県大月市にある母の実家は築300年の日本家屋だ。
今は伯父一家が暮らしていて、改修に改修を重ねて今日に至っているのだが、さすがに江戸・明治・大正・昭和と4つの時代を経た家を本格的にリフォームする事になった。
大人二人が両手を伸ばしても抱えきれない大黒柱や大型クレーンのアームくらいの太さのある梁、そして体育館のような屋根を支える棟などはそのまま使い、間取りの変更と耐震補強をする事となった。
解体され骨組だけになった母屋と離れを眺めると、子供の頃から慣れ親しんだ家なので感慨もひとしおだが、思い切ったリフォームが今後に繋がると思えば悲しくはない。
300年を経た木材ではあるが、腐っている個所は便所と風呂周りだけ。シロアリの被害もなかった。
このまま適切な補修をしていけば、あと1000年くらいはもつんだろうと思う。

c0193532_20471738.jpg
大屋根の改修の様子。
瓦降ろし痛んだ部材を取り除いている所。




c0193532_20472357.jpg
木造4階建ての軒下部分。
その昔、2階から上では養蚕が行われていた。




c0193532_20472753.jpg
建物をスッポリと覆う足場から、今まで見た事のない角度で母屋を見る。
温水器が乗っている屋根は味噌蔵の屋根。農作物を貯蔵するためのお蔵だ。
その向こうの屋根は石造りの米蔵。ネズミなどから米を守り、気温の上下に左右されにくい利点もある。
夏に米蔵へ入るといつでもひんやり涼しい。




c0193532_20473128.jpg
リフォーム対象外の味噌蔵の窓。
大切な作物を貯蔵する蔵は分厚い土蔵造り。
今でも味噌や漬物が数年分置いていある。
左下に見える木造の建物は厩舎(馬屋)で農耕馬と祖父の軍馬、乳を利用するためのヤギなどを飼っていた。今は車庫と物置に使っている。
厩舎の隣は家畜小屋。小路を挟んで男性の使用人(男衆)の暮らした長屋と続く。
[PR]
by a6m2_jpn | 2011-02-01 21:10 | 番外
WBC 世界野球王者 日 本 
c0193532_168881.jpg


原監督・侍たち!ありがとう!!
2大会連続世界王者!
本当に嬉しい

5回に渡る宿敵韓国との戦いは、応援するのにかなり疲れた
前回はルールに救われたとか何とかイチャモンつけられたが
今回は文句なしっ!
野球を教えてもらったアメリカに勝ち
2度目の世界一! 
ダルビッシュが魂を焦がして投げた最後の一球に日本中が歓喜に震えたことでしょう

遠くロサンジェルスに大きな大きな日の丸がはためくのを見る事ができて、本当によかった!

スポーツを見て涙が流れたのは、ロサンゼルス五輪の柔道 山下VSラシュワン・長嶋選手の引退試合・王監督の引退セレモニー、そして今回のWBC2連覇達成の瞬間

今回のWBCは長かった・・・ しかし本当に楽しめた
やっぱり野球はおもしろい

c0193532_14174356.jpg


頂点に輝くという思いを込めて、山頂に太陽が輝く富士山を・・・

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> ありがとう!Samurai JAPAN!<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-03-24 16:24 | 番外
仕事が手に付かない・・・



仕事が手につかない
World Baseball Classic のTV中継が気になって気になってしかたがない

c0193532_23454237.jpg


少年時代、私の周りにはGIANTSファン以外は一人もいなかった
王選手→原選手 GIANTSの伝説的名手が日本代表を率いて闘っているのだからどうしようもない
22日のアメリカ戦はもっと意味深い
なぜなら、アメリカ代表を率いるJohnson監督は元巨人軍の選手
しかも原監督と同じ3塁手

目が離せない


話は変わるが・・・
今年3歳になってこの4月から保育園へ通う事になっている長男が、先日家内と2人で入園前の面談へ行ってきた。
2歳の頃はとてもイイ子で、道で会う人に片っ端から「こんにちは~」と大きな声で挨拶するほどだった
当然、自分の名前や家族の名前、住所まで諳んじている
ところが最近はだんだんへそ曲がりになり始めている
面談の冒頭、園長先生が 「こんにちは!お名前を聞かせてください」と尋ねると

「バカボンです」

と答えたらしい・・・。
死ぬほど笑ったのは家内だけだったらしい・・・。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-03-20 23:50 | 番外
【子供の手】 何気ない瞬間に感じる事
次男が生まれてそろそろ3ヶ月になる。
色んな人のお陰ですくすくと育っている事に感謝。
3歳になった長男のヤキモチ攻撃に耐えながら強く生きている。

c0193532_093840.jpg

授乳のあと気持ち良さそうな顔をして家内の胸の中で眠る子の姿は見慣れているのだが…。
今夜は息子の手を見て言葉には出来ないほど愛おしさを感じた。
自分の手の存在すらよく分かっていないのに、しっかりとしがみつく小さな手。

親としての自覚を再認識させられる瞬間だった。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-03-17 00:23 | 番外