富士山・冬の優しい光の中で
穏やかな冬の日曜日
午後になって少し風が出てきたので公園へ
4歳の長男が楽しみにしている凧上げが今日のイベント
午後の山中湖は風速3mほど、子供の凧上げには最適の風だった。
風を孕みどんどん上がって行く凧に歓声をあげ、寒さも忘れて夢中になっていた。
c0193532_17464670.jpg
私が子供の頃に発売され、爆発的な人気だっだゲイラカイト
今も凧の主流で、玩具店には色々な柄の三角凧が並んでいた。
しかも安い!
記憶が定かなら昭和45~6年頃から値上していないんじゃないだろうか。
仮面ライダーWの熱烈なファンである息子は私が「かっくいい」って思う柄には目もくれず
即決で仮面ライダーW凧を手に取った。
この凧の買い物が息子にとって生まれて初めて自分のお金でお買い物。
ジイジやバアバにもらったお年玉だ。
「ネェとぉちゃん、このお金で凧がいくつ買えるの?」
『うっ、こいつ全部使って凧を買うつもりだ…』
「凧はこのお札1枚出せば買えるよ。そんでお釣りに200円もらうんだよ」
そんなやり取りをレジのお姉さんもニコニコして見ていてくれた。


c0193532_1738968.jpg

冬の広場で凧上げに興じる親子を
冬の霞みの向こうから、富士山も笑って見下ろしていた。


c0193532_1831722.jpg

湖畔の帰り道
冬の柔らかな日差しが水面にキラキラ輝いていた。
幸せなひと時に、心の中で太陽に手を合わせる昼下がりだった。






記事とは関係ないが
Yahoo Topにトピックスで表示されていた動画

狐が雪の下で動くネズミの音を聞き
狙いを定めて雪にダイブ!
見事にネズミを捕える瞬間を収めたVTR。


[PR]
by a6m2_jpn | 2010-01-10 18:11 | 富士山
<< おめでとう!山梨学院付属高校 穏やかな冬の朝 >>