1月3日の朝
例年通りの寒い朝
庭のダケカンバの枝にエナガの小さな群れが羽を休めていた
本当はその枝の向こうに見える富士山を撮ろうとしていたのだが・・・。
スズメよりも小さなエナガの愛くるしさは目覚めに持ってこい
そして、葉の蕾をたくさんつけたダケカンバ
遠い春を思い、硬く閉じて寒さに耐えているんだな。
我々も景気回復までじっと我慢しなきゃね。

c0193532_052051.jpg

[PR]
by a6m2_jpn | 2010-01-04 00:05 | 野鳥 富士山の野鳥
<< 富士山 冬の夕暮れ 風神が遊ぶ富士の峰 >>