群馬県 南牧村の紅葉
色づく秋!きれいな紅葉、撮ってみた!


今月始めに群馬県は南牧村を訪れた。
毎年恒例、築100年を越す古民家を現代風にアレンジして家族で住む友人宅の訪問だ。
木工職人である友人とは数年のブランクはあるものの24年の付き合い。
妙な気遣いなど要らない旧友だ。

今年は超多忙であったため1泊の短い滞在ではあったが、南牧村の深い所まで見る事ができた。
『紅 葉』 は筆舌に尽くしがたい美しさで私たちを迎えてくれた。


c0193532_1151205.jpg
友人宅のある南牧村磐戸地区。
数年前の台風による災害で大打撃を被り、悲しく無惨な姿を晒していた南牧川も、時の流れと共に美しい姿を取り戻しつつある。


c0193532_11573295.jpg
『閑けさや岩に染み入る蝉の声』 松尾芭蕉のあまりにも有名な句はここで読まれた。
南牧川上流にある蝉の渓谷(蝉の淵)
岩盤を激しい清流が削り見事な渓谷を造りだしている。


c0193532_121127.jpg
南牧川沿いにはいくつかの集落が点在している。
どの建物も建てられた時期は古く、家の側壁を風雨から守る「しぶき」と呼ばれる壁と2階建てでベランダのようなものがあるのが特徴だ。
過疎化が進み、日本一の高齢村として様々な問題を抱える同村ではあるが、こういった日本の原風景とも呼べる集落は見る者の心を暖めてくれる。


c0193532_1241619.jpg
さらに南牧川をさかのぼると『線が滝』へ辿りつく。
林道脇を覗き込むようにしないと見る事が出来ない滝。
悲しい伝説も残っているが、深い山の中ポッカりと開いた穴のような滝壺へ降りるとマイナスイオンが『充満』していてとても気持ちが良い。


c0193532_129168.jpg
幾重にも重なるカーブを、身をよじるように登っていく友人の愛車。
観光地ではないのですれ違う車はほとんどない。赤や黄色や空の青に彩られた林道のドライブは、夢の世界を舞い踊っているかのようだった。
峠を越えて長野県佐久市へ入ると、ほどなくして雨川ダムへ出る。
この光景に説明書きなどいらない…。


もっともっとご紹介したい画像があるが、投稿制限があるので今回はここまで。

毎年訪れている南牧村だが、こうやってじっくりと村内を見て廻ったのははじめての事だった。
狭い日本なのにちょっと離れると私の住む山梨県とはまったく違う風景がある。
そして日本の山々の美しさもまた様々だ。
こういった大自然を次世代に残すのは誰の仕事でもなく、我々の仕事だ…。


最後に、毎年お世話になっている南牧村 木工房 かたじやの棟梁とご家族に感謝、ありがとう。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-11-11 12:25 | 旅先で
<< 25年ぶりの同窓会・明治学院中... 山中湖・紅葉祭り >>