富士山 精進口登山道→ 大室山ブナ林
6月のエコツアーを催行した
梅雨時とあってスバルラインの交通量もさほど多くなかった
道路脇にはシロバナヘビイチゴの花が咲き乱れていた

c0193532_023092.jpg

麓から見る秀麗な富士山の姿からは想像も出来ない荒々しい姿
富士スバルライン五合目駐車場から見た山頂
朝9時の時点で天候は曇りだったが、雲底が高かったので山頂を見る事ができた




県営五合目駐車場下から精進口登山道を下り、樹海を抜けて大室山のブナ林までの下山ツアー
c0193532_0272612.jpg

ユキシロ(雪崩)に削られた痛々しい山肌を見ながら少し下る
やがて風景は一変しシラビソやカラマツの原始林が3合目まで続く
厚い苔の絨毯に覆われた地面とうっそうと茂る原始林の中はひんやりとした風が頬をなでる




c0193532_0295363.jpg

3合目バス停の少し上にあるサルオガセの群生地
幽玄な雰囲気を醸し出す




c0193532_031855.jpg

樹海台駐車場を過ぎた頃には日差しが強くなった
日光を透過する落葉広葉樹の葉はまるで緑色のステンドグラス
秋にどれ程の美しさになるかは容易にご想像頂ける事だろう








c0193532_0374049.jpg


画像は

上・精進口登山道の案内看板

中・看板脇に自生していた大きなミヤマハンノキの若い雄花。大きくなると房状に垂れ下がる。
いい香りがする。

下・シロバナヘビイチゴ スバルラインの道路脇に群生していたのだが、
停車スペースがなく群生している様子は撮れなかった。 この花は登山道脇につつましく咲いていた。

150枚程の画像を撮影した
とても今夜一晩では編集しきれる数じゃない
こうしてブログを書いていながらも
心地よい疲労が睡魔となり総攻撃を仕掛けてきている

続きは後日・・・
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-06-14 00:50 | 富士山
<< 富士山の原始林 5合目からの下... 富士山 梅雨の晴れ間に >>