春を前に
桜の花が咲き乱れ、木々は新緑に彩られる春がもうすぐそこまで来ている。
今日は『ひな祭り』
子供は男の子2人の我が家には縁の薄い行事だが、春を目前にした節目にとても大切な行事だと思う。

暖かい日が多かった2月が終わったとたん、外は真冬の様相だ。気温は現在-4℃、寒い。
富士山麓は今週もず~っと雨か雪の予報。


c0193532_10323559.jpg

遠目で見ても良くわからないが、ぐっと近づいて見ると新芽を出しているヘダの木。
春の足音を感じる。


c0193532_10353165.jpg

他の花々に先駆けて咲くクロッカス。 昼間の花びらを大きく広げ日光を取り込んでいる姿も美しいが、夕方に閉じた姿も慎ましやかでなかなかいい。


c0193532_10363550.jpg

富士山麓を歩くと、度々出合うこの木。昭和40年代初頭のころまで多く行われていた養蚕のための桑の木。
今は手入れをする事もなく、枝が伸び放題になっているが、それはそれで綺麗にも見える。
でも、ちょっと物悲しさも漂うんだな…。


今日は午後から本格的に雪が降るらしい。
ウォーキングには出られないが、代わりに雪掻きで体を動かす。そんなに嫌いじゃなんだな、雪掻きは。
それまではデスクワーク…。
[PR]
by a6m2_jpn | 2009-03-03 09:01 | 富士山の森
<< 富士山の麓、山中湖畔の春を探して 久しぶりに会えた富士山 >>